ホーム > 企業情報(沿革)

企業情報

  • 採用情報

沿革

昭和32年7月 宮内英二が福伸鉄工所を個人創業
金型を自社製作で農業機器部品(除草機)の加工開始
昭和33年4月 自動車用電装部品(配電器)の加工開始
昭和36年3月 法人組織に変更
福伸電機株式会社と改める
昭和36年4月 第2工場新設
住宅関連機器部品(セントラルヒーティング)の製造開始
昭和39年9月 自動車用電装部品(サブAssy)の組立開始
昭和42年2月 田口工場新設
自動車用電装部品(スターターのフィールドコイルアマチュア)の製造開始
昭和42年5月 粟賀工場新設
自動車用電装部品(スターターのアマチュア)の製造開始
昭和45年8月 高橋工場新設
ゴルフカートの製造開始
昭和47年2月 単車用フレームの製造開始
昭和52年5月 養殖漁業用投餌機の製造販売開始
昭和55年5月 姫路工場新設
ソーラー機器の製造開始
昭和56年9月 カーオーディオ基板の組立開始
昭和58年1月 香寺工場新設
石油ストーブの製造販売開始
昭和59年1月 紙幣処理機の製造開始
昭和59年6月 大門工場新設
金型・ゴルフカートの製造移転
昭和61年2月 田口第2工場新設
自動車用電装部品(電子制御コントロール基板Assy)の製造開始
昭和62年7月 資本金9,900万円に増資
平成元年7月 明石工場新設
住宅関連機器部品(燃焼筒・給湯器ケース)の製造
平成2年2月 電動車の製造販売開始
平成6年5月 本社管理棟新設
平成6年10月 自動車エアバック用インフレーター部品の製造開始
平成7年8月 福崎工場新設(香寺工場・大門工場統合)
平成9年5月 国際規格ISO9001認証取得
平成9年7月 石油ファンヒーター用タンクキャップの完成品製造開始
平成12年4月 二見工場新設
住宅関連機器部品(バーナーケース燃焼管セット・ファンモーター)の製造開始
平成12年4月 キッチン用電動昇降ラックの製造販売開始
平成13年4月 第2代社長に宮内康伴就任
平成15年2月 国際規格ISO14001認証取得
平成18年2月 西治工場新設
自動車用電装部品(ヨークAssy)の製造開始
平成19年9月 住宅関連機器部品(2次熱交換器)の製造開始
平成24年2月 自動車用バッテリーケースの製造開始
平成25年2月 太陽光発電システム導入(福崎工場・西治工場)